2017年 5月4日(木)放送

生産者:江田島市江田島町 高橋 康治さん 33歳 

静岡県出身。江田島市が行っている新規就農者研修を受けて独立。
特産のキュウリを出荷している。出荷先の広島市場に場所が近く、鮮度が良いものが店頭に並ぶ。
歴史のある産地を守っていくことで恩返ししたいという。

imageimageimage

2017年 4月27日(木)放送

生産者:西区井口 鍜治山 政隆さん 34歳 

就農10年目。代々続くタケノコを出荷している。
堆肥を入れるなどしてタケノコが生えやすいよう整備された竹林で収穫作業に追われる。
年間を通して様々な野菜や苗物を出荷しているが、2年前には弟の直樹さん(32)も農業をはじめ、新しい作物にも取り組むなど家族4人がそれぞれの個性を発揮した農業を行なっている。

imageimageimage

放送動画再生

2017年 4月20日(木)放送

生産者:安佐北区安佐町  西坂 和真さん 36歳 

就農して4年目。水耕栽培でトマトを作っている。
出荷先のスーパーの要望を受け、赤く熟して収穫でき、しかも日持ちがする品種の栽培に取り組む。
過去に会社勤めも経験しているが、農業を始めて充実した毎日になったという。
儲かる農業を実践することで若い人たちが農業に関心をもってくれるはずと思いを語る。

imageimageimage

放送動画再生

2017年 4月13日(木)放送

生産者:東広島市黒瀬町 神信 桂さん 34歳 

3年前に脱サラして就農。
兼業で米を作っていた実家の田んぼを畑に変えて小松菜や白ネギ、ナスなどを作っている。
JA広島中央の産直市にも出荷しており、自分の名前で買ってくれるお客さんの存在が励みになっている。
農地を活用することで地域の農業を守っていくことに貢献したいという。

imageimageimage

放送動画再生

2017年 4月6日(木)放送

生産者:東広島市志和町 八幡原 圭さん 27歳

4年前に就農。作っているものは広島では珍しい九条ネギ。
12棟のハウスと1ヘクタールの露地で栽培している。
きっかけは京都で九条ネギを作る生産者に出会ったこと。農業で十分生活していけると確信した。
自分が手本を示すことで、若い人に農業を選んでもらいたいという。

imageimageimage

放送動画再生
JAグループ広島