2015年12月24日(木)放送

生産者 廿日市市 今田 徳之さん 40歳

実家の農園を継いで17年。県内では珍しい胡蝶蘭を作っている。
胡蝶蘭は苗から育てて出荷できるまでに2年以上かかることから開花の時期を調節することが難しい。
出荷先からは日持ちが良いという評価がある。
売れ行きが景気に左右されるが、花のある生活を楽しんで欲しいと思っている。

imageimageimage

放送動画再生

2015年12月17日(木)放送

生産者 東広島市豊栄町 川手 晋治さん 29歳

25歳の時に脱サラして就農。戦後、祖父が開拓した農地を受け継いで野菜づくりを始めた。
12月はゴボウの収穫に追われる。奥さんも一緒に作業にあたるが「まったく経験がなく、最初は畑で虫を見るだけで悲鳴をあげていた」という。
JA産直市や飲食店に出荷しておりお客さんの「美味しかった」のひとことを励みに農作業に汗を流す。

imageimageimage

放送動画再生

2015年12月10日(木)放送

生産者 東広島市黒瀬町 森本 敏充さん 44歳

2001年に脱サラして就農。正月を控えて特産の葉牡丹の出荷が始まる。
毎年の気候に品質が左右されるが先輩農家の指導を受けながら栽培技術を磨いて来た。
町内には若手の新規就農者も増えているので力を合わせて産地を守って行きたいという。

imageimageimage

放送動画再生

2015年12月3日(木)放送

生産者 呉市豊町 新開 智さん 36歳

東京での会社勤めを経て31歳で帰郷。
実家の柑橘農家を継いだ。みかんを始めレモン生産に力を注ぐ。
先輩達が築き上げた大長ブランドを守り、次につなげていくためにも仲間を増やしていきたいという。

imageimageimage

放送動画再生
JAグループ広島