2016年4月28日(木)放送

生産者 福山市 多木 陽平さん 36歳

2年前に食品関係の会社を退職し1年間の新規就農研修を受け新規就農した。
野菜作りが盛んな福山市南部の箕島町に農地を確保してほうれん草などを栽培。奥さんも子育ての傍ら作業を手伝うが「農業を始めて家族の絆が深まった」と言う。生産者が減少するなか、若い世代が農業に関心を持ってもらえたらと感じている。

imageimageimage

放送動画再生

2016年4月21日(木)放送

生産者 福山市 須野田 恵さん 39歳

営業職から脱サラし後継者としてぶどう生産者になる。
沼隈町はぶどうの産地で主にブランド名「ニューベリーA」の生産が行われる。
4月はぶどうの花が咲き、実が着く前の作業に追われている。農家になって2年目で自分の農園の作業の傍ら、ベテラン農家の仕事も手伝いながらぶどう栽培を勉強している。

imageimageimage

放送動画再生

2016年4月14日(木)放送

生産者 江田島市 村上 浩司さん 45歳 

カーネーションやシクラメンの他、花や野菜の苗を作っている。
小学校の文集に「将来の夢は農業」と書いていた。
祖母の勧めもあり20歳で農業を始める。25年経った今でも毎日が勉強だという。
花の産地も高齢化が進むが、若い生産者が増えると活気が出て来るはずと後継者の育成にも取り組む。

imageimageimage

放送動画再生

2016年4月7日(木)放送

生産者 呉市倉橋町
立花 梨香さん34歳 高橋 智保さん32歳

倉橋特産のトマトを生産する姉妹。
完熟するのを待って収穫するため味が濃く糖度が高い。
「お宝とまと」のブランド名で出荷されている。
広島市内の量販店で店頭販売も行いながら消費者と接する機会を大切にしている。
倉橋のトマト生産者は若手の後継者が多く励みになるという。

imageimage
imageimage

放送動画再生
JAグループ広島