NEWS6

2015年6月12日(金)17:00~17:50 放送

土砂災害の被災地を取材すると、住民から必ずといっていいほど聞くことがある。それが「初めての経験」という言葉。ただそれは今、そこに住んでいる人々にとって初体験というだけで、その土地自体は過去に何度も繰り返し経験していることが多い。それは去年8月に広島で起きた土砂災害の被災地も例外ではない。あの日の猛烈な雨や土石流は決して想定外の出来事ではなかったからだ。 番組では、去年8月の土砂災害を引き起こす直接のきっかけとなった集中豪雨がなぜ広島で起きたのかを解説。また地域に残された歴史記録や科学的調査などから、これまでの広島の土砂災害の歴史を振り返ることで、いま自分の住む土地の災害リスクを知るきっかけになればと思う。この先も必ず広島では土砂災害は起こるのだから。